転職で借金返済! 亜紀の転職日記

私の名前は亜紀。
年は26歳で、年齢よりも少し大人っぽく見られる。
よく田丸麻紀に似てるねって言われるけど、どうなんだろうね。
合コンの時しか言われないし(笑)

性格はサバサバしたほうで、よく男っぽいねって言われる。
が、正真正銘の女の子。

性格がサバサバしてるのは、たぶん帰国子女のせいなのかもしれない。
8才から14才の頃までアメリカのニューヨークに父親の仕事の都合で行っていたのだ。

そんな私だけど、今東京都内のIT企業で働いている。
IT企業というと、聞こえはいいけどいわゆるブラック企業だ。

残業代はでない、休日出勤は当たり前。
そのうえ、これが一番きついのだが、年収が200万円程度なのだ。

はっきり言って、この年収は厳しすぎる。
IT企業というのは、スキルアップのために、結構お金がかかるものなのだ。

例えば、民間資格を取るにしても、受験費用が15000円~20000円程度かかるし、技術書も専門書なので、一冊3000円前後と、高め。

もちろん、その費用は私の安月給からやりくりされる。
月の手取りが14万円程度。家賃の賃料が月に6万7千円。
会社ではお昼を同僚ととるので食費は少し高めで月5万円程度。
会社での飲み会は参加必須で月1万円程度の出費。

これだけで、お給料を全て使い切るというわけだ。
でも、上昇志向が強い私は、自己投資をやめなかった。
借金して、資格試験の受験料やテキスト代にあてた。
若いうちに仕事に関する知識を多く手に入れたかったのだ。

私はいつしか、CMでおなじみの消費者金融のカードを作り、いつの間にか借金は膨らんでいった。

半年前、その借金の総額が200万円に膨らんでいることがわかった。
もはや利子を返すのも無理だった。

後からお話しするが、この私のピンチを救ったのが転職エージェントだった。

亜紀の転職日記親に正直に話し、親からお金を借りることもできたかもしれない。
でも、私のプライドがそうさせなかった。

私は、この借金のピンチを転職によって切り抜けることができた。

そのあたりの顛末について、次のページ以降に詳しく書いてみようと思う。

⇒ 次は 借金200万で給料14万。どうやって借金返すの?