時給3000円のキャバクラのバイト広告

繁華街を歩いていると、飲み屋やキャバクラが立ち並んでいるのがわかる。

いつもの会社帰りには、目にもとめなかったキャバクラの看板。
なぜか今日は目に飛び込んできた。

暫くの間、ぼーっと看板を見ていると、右隅の方に小さく

「女性スタッフ募集、時給3000円~」

そうか、キャバクラのスタッフを募集しているのか。
いつもは、そんな感じで気にもとめずに、立ち去るところだったが、今日はその「時給3000円~」という文字から目が離れなかった。

仕事が終わった後、毎日寝る時間を削って一時間ずつバイトすれば、月に7~8万円上乗せすることが出来る。

バイトをするという手があったか。

私はキャバクラの看板をぼんやりと眺めながらしばらくの間考え込んでしまった。

でもまてよ。私はITのスキルを磨くために、安月給の中、自己投資、自己研鑽をした結果、200万という借金を抱えてしまった。

借金どうしよういわば、空き時間はレベルアップのための自己研鑽にあてなければ、もったいない。
バイトなどしてられないではないか。

でも、借金問題は何とかしなければならない。このままじゃ自己破産してしまう。

どうしよう。

ん?まって。バイト・・・仕事・・・あ、そうだ!
その手があったか。

私は、キャバクラの前から急いで立ち去り、家路へ急いだ。

⇒ 次は そう、転職って手があった